CNSのあり方検討部会

目的

高度実践看護師(APN)に関する動向を踏まえ、専門看護師(CNS)のあり方について検討する

委員の構成

委員長、代表理事(オブザーバー)含め6~7名で構成する

活動事項

1)CNSのあり方について当事者団体としての見解をとりまとめ、理事会に提案する。
2)CNSの教育・資格認定制度について、関係団体と協議する際の論点を整理する。

日本専門看護師協議会 CNSのあり方検討部会委員一覧

委員長 長谷川 久巳(がん看護) 虎の門病院
委員 山田 雅子(地域看護) 聖路加国際大学
渡邉 眞理(がん看護) 湘南医療大学
門馬 康介(急性・重症患者看護) 山形県立中央病院
武用 百子(精神看護) 大阪大学
和田 由樹(慢性疾患看護) 聖マリアンナ医科大学病院
オブザーバー 藤田 冬子(老人看護) 神戸女子大学
長田 暁子(小児看護) 大阪府立大学

ページの先頭へ